オール電化と水回り

オール電化にする事に決めたなら、水回りは一度に考える必要があります。どういう給湯器が良いのか、設計士や業者に相談しましょう。給湯器と連動するので、ボタン一つでお風呂が溜められたり、いつでも簡単な温度設定で台所にもお湯が出ます。

水回りが連動すると生活がとても便利でラクなものになります。もし賃貸を探す場合でも、オール電化の物件を探したり、オール電化でなくても水回りが綺麗で新しい所を選ぶようにすると良い物件が見つかります。水回りは生活のリズムを作る上でも重要で、そこが快適に使えるかどうかで生活の質の向上にも大きく影響します。

疲れて帰った時にお風呂を溜めてから沸かす必要があるのと、スイッチひとつで適温のお湯が溜まるのとでは時間の使い方が変わってきます。引っ越す機会があって、家を検討する機会があるのなら、お洒落なインテリアや間取りより水回りに重点を置いてください。インテリア等は後からなんとでもなりますが、水回りの便利さと導線の良さだけは後からの変更が難しいです。物件選びに時間がない事も多々ありますが、長く住もうと思うなら水回りだけは拘って選んだ方が無難です。また、新しく家を建てる機会があるのなら、オール電化にして夜間電力を利用してください。

水回りのトラブル

集合住宅の水回りのトラブルで多いのが、配管の詰まりです。これは自分の部屋が詰まっていなくても、上階の部屋で詰まりが起こっていると下層階にも被害が及ぶ事がありますのでご注意ください。台所で一気に水を流した時に、ゴボゴボといつもは違う音がしないか日頃から注意しておいてください。

マンションによっては定期的に配管掃除等が入りますが、時々大きな詰まりが発生して、下層階のお風呂の排水がしにくくなったり、流れなくなったりします。少しでも異変を感じたら、マンションの管理人さんや管理会社、理事会の役員等に報告をしましょう。早目に対処しておけば簡単な掃除で済んだのに、大掛かりな断水でマンションを上げての配管工事となると時間も費用もかかってしまいます。

トイレの詰まりにしてもそうですが、「それくらい」とは思わずに、いつもと違う音がしたら報告しましょう。もちろん、個人で業者を呼べば解決する場合もありますので、水回りのトラブルはどこに相談したらいいかを控えておくと便利です。流れにくくなった配管に、市販の配水管掃除用薬剤を一気に使うのは避けた方が無難です。

パイプの汚れを落とす、髪の毛を溶かすという薬剤は強力で、今まで溜まりに溜まった汚物が一気に流れたために逆に詰まってしまうという事もあります。こういう薬剤で綺麗にするのなら、定期的にこまめに流す必要があります。汚れが溜まらないうちに流しておけば、いつでも詰まりのない配管が維持出来るのです。ただ、自分では解決せずにできるだけプロに相談するようにお願いしましょう。

TOPIC◆https://mizu-trouble.net/
「水漏れカイケツくん」はトイレ詰まり対策について情報を掲載しています。

水回りの交換

大掛かりではなくても、台所の水回りを少しなんとかしたい場合、水道の蛇口周りの交換がおすすめです。シャワーのノズルが付いていて、引っ張れば伸びるタイプの物ならシンクの中を洗うのにも、大きな鍋を洗うにも重宝します。蛇口周りを交換するだけで水道代がずいぶん減るというような商品もありますので、水回りを検討する時は省エネも考えて探しましょう。

水流が変わるだけで、水道代や電気代も変化します。節約をするならまず水回りを見直す事も大切です。ただし、水回りにはわりとお金がかかります。

ちょこちょこ変えて行くよりも、大きく見直した方が将来的には節約になる場合もありますので、専門家に相談してみる法が良いでしょう。住宅展示場やショールームでは時々無料相談コーナーが設けられている場合があります。そういう機会を上手く利用して、自分に必要な情報を得ましょう。

また、水のトラブルを24時間解決してくれる、いつでも相談を!という大きな企業は水回りのリフォームも行っている場合がほとんどです。水のトラブルに関して見積もり相談をする時に、リフォームする可能性も含めて相談してみると無駄のない対応をしてくれるかもしれません。自分でもどうするのが最前の方法かわからない時には、やはり専門家に相談するのが一番です。

水回りのリフォーム

新築のマンションも良いですが、比較的安価に中古のマンションを購入して好きなようにリフォームするのも一つの選択肢です。新築でマンションを購入する場合、人気物件だとモデルルームと図面で購入を決める事になります。そして、長時間待った後にやっと入居出来ますが、実際に建ってみないと周りの環境はわかりません。

その点、中古のマンションは今実際に入居者が居ても居なくても、だいたい売りに出されたら中の見学が出来ます。仮に中が見られなくても、マンションのエレベーターや玄関周り、近辺の建物の様子、どういった住人が住んでいるのか、トラブルがないかなど事前に把握出来そうな事はたくさんあります。
戸建てにしても同じです。

午前中の様子、午後の様子、夜の様子など時間帯に分けて周辺調査をすれば、自分が決めるべきマンションや一軒家がわかってくるでしょう。安く買ってリフォームに力を入れる。間取りがわかってから、好きなようにリフォーム出来る事、これが中古購入の魅力です。

場所によっては費用も新築ほどかかりません。リフォームを考える際に、一番気になるのが水回りです。中古だと当然年数も経っていて、老朽化している部分や劣化した消耗品もあります。まずはプロに相談して、水回りから攻めていく事が無難でしょう。

いくら素敵なインテリアで飾った部屋が完成しても、早速水回りのトラブルに悩まされたくはありません。必ず水回りの検査をした上で、きちんと必要な部品交換や配管の詰まり取りを施した上で、全体のリフォームに入ってもらいましょう。水回りの調子が悪いと本当に大変です。出来れば水回りの得意な建築士や施工業者を見つけてください。